HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

【TOPIC】2月3日は節分の日

  •  

    日本の節分の日2月3日に「鬼は外 福は内」のかけ声とともに大豆をまく「豆まき」。

     

    その歴史は平安時代にまで遡ります。

    今回はそんな豆まきの文化をひも解いていきましょう。

     

     

    ◆なぜ豆をまくの?

     

     

    豆まきの由来は諸説ありますが、平安時代の宇多天皇の世に都を荒らす鞍馬山の鬼の目に炒り豆(大豆)をぶつけて、災厄を逃れたとことから始まったと言われています。

     

    鞍馬山
    「穀物には生命力と魔除けの呪力がある」という信仰や、鬼を滅する「魔滅」(まめ)に通じる語呂合わせなどから、邪気を追い払い無病息災を願うとして、日本の文化となりました。

     

    鞍馬山―2

    ◆どの町でも同じかけ声なの?

     

     

    かけ声は「鬼」が神社に祭ってある神なのか、その神の使いなのかにより違うとも言われています。
    例えば奈良県吉野の「」(きんぷせんじ)では、役行者が鬼を改心させて弟子にしたという逸話から「福は内、鬼も内」と唱えます。

     

    金峯山寺
    和歌山田辺市の熊野本宮では、名前に鬼の字が入っているため「福は内、カミは内」と唱えます。

     

    福島県二本松市の旧二本松藩では、藩主が丹羽氏なので「鬼は外」と言うと「お丹羽、外」と聞こえるのを避けるため「鬼、外」と唱えていました。

     

    豆まきのかけ声は地域や町の文化に根付き発展したので、町より様々なかけ声があるのです。

     

     

     

    2月3日には多くの神社で「」が行われます。
    日本の文化を体感しに、神社へ豆まきに行ってみてはいかがですか。

     

     

    このマガジンに関連するキーワード