HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

Go To キャンペーン最新情報・Q&Aまとめ!注意点・申請方法はこちら

  • 【12月16日】最新情報を踏まえてQ&Aを更新しています。

    ※12月28日~1月11日はGo To トラベルが全エリアで一時停止となりますのでご注意ください。

    【参照】国土交通省観光庁 Go To トラベル事業情報

    Go To キャンペーン対象施設や日本全国のオススメ旅はこちらのHISTRIP公式LINEアカウントで発信予定です。

    LINE友達登録

    この記事の目次

    Go To キャンペーンとは?

    Go To キャンペーンは新型コロナウイルスの影響により落ち込んだ観光需要を喚起するために、国策として観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント業などを対象に、補助金の支出により需要喚起を目指すキャンペーン施策のことです。

    過去最大級の予算で行われるビッグキャンペーンです。

    Go To キャンペーンの中には

    「Go To Travelキャンペーン」

    「Go To Eatキャンペーン」

    「Go To Eventキャンペーン」

    「Go To 商店街キャンペーン」

    の4つが行われています。

    この記事ではその中の「Go To Travelキャンペーン」に焦点を当てて最新情報とQ&Aを紹介しています。

    Go To Travelキャンペーンとは?

    GoToTravel詳細
    国土交通省観光庁『Go To トラベル事業の概要』

    Go To Travelキャンペーン国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の50%相当額を支援するというキャンペーンです。

    支援額の内、70%は旅行代金の割引に、30%は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与されるという形式になっています。

    旅行代金が35%割引になり、代金の15%分クーポンが貰えると考えたほうがわかりやすいかもしれません。

     

    このGo To Travelキャンペーンの補助金額については、一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)となっております。

    例えば2名で1泊2日合計8万円の旅行だと35%割引なので支払いは5万2千円になり、1万2千円分のクーポンが貰えるという形になります。

    GOTO説明用画像

    Go To Travelキャンペーンを使った場合の支払額はどうなる?

    Go To Travelキャンペーンを利用した場合の費用のシミュレーションはこちら。

    こちらは「1名」「1泊2日」の場合で計算しています。2名以上の場合は人数で掛け合わせてください。

    (地域共通クーポンは旅行代金の15%に1,000円未満の端数が生じる場合には四捨五入し、端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンが付与されます。)

    支援額の合計の上限は一人一泊につき「2万円」となっているため、割引は「1万4千円」、クーポンは「6000円」が上限です。

    また、クーポンは10月1日から適用予定のため、7月22日からのスタート時点では35%分の割引のみが適用されます。

    また、日帰り旅行の場合は一日の予算上限は1万円となります。割引が「7000円」、クーポンは「3000円」となります。

    Go To Travelキャンペーン開始の時期はいつから?

    Go To Travelキャンペーンの開始時期は東京を除いて2020年7月22日となります。東京の開催時期については10月1日からとなっています。

    詳細はこちらの記事でまとめております。

    https://www.histrip.jp/feature/?p=467

    また、一点注意なのが、7月22日にスタートするのは「35%の割引」のみという点です。
    地域で使用できる15%分のクーポンのスタートは10月1日に予定されています。キャンペーンの開催が決まってから準備期間も少なかったため、クーポンのみ後日スタートという形になります。

    地域共通クーポンの最新情報はこちらの記事でまとめております。

    https://www.histrip.jp/feature/?p=438

    Go To キャンペーンの対象になる商品は?

    《宿泊旅行の場合》

    Go To キャンペーン対象商品・宿泊
    国土交通省観光庁『Go To トラベル事業の概要』

    Go To Travelキャンペーンは宿泊の場合は「旅行代理店・予約サイト経由」又は「宿泊施設から直接」予約することで適用されます。

    この際の注意点は交通機関の利用がセットプランに含まれているかどうかです。セットプランの場合は全体の料金から35%が割引、15%がクーポンとなりますが、個人で交通機関を手配する場合は宿泊施設の金額のみキャンペーン対象となります。

    また、宿泊に準ずる移動手段(クルーズ、夜行フェリー、寝台列車)は宿泊施設と同じ扱いのため、キャンペーン対象となります。

    《日帰り旅行の場合》

    3
    国土交通省観光庁『Go To トラベル事業の概要』

    日帰り旅行の場合は「旅行代理店・予約サイト経由」で予約することで適用されます。こちらも交通機関とアクティビティがセットのプランで適用されます。

    旅行代理店・予約サイトなどを経由せず、完全に個人で移動手段を手配して旅行する場合は適用されないので注意しましょう。

    また、HISTRIPではGo To トラベルキャンペーンの対象となるオススメ旅を紹介予定です。最新情報はこちらのHISTRIPLINE公式アカウントで配信予定ですので、よろしければ友達登録をしてみてください。

    LINE友達登録はこちら

    【Q&A】よくある質問はこちら

    《Q1.キャンペーンの前に既に予約している場合は適用されますか?》

    既にキャンペーンの前に予約している場合でも、旅行の日程が7月22日~8月31日であれば旅行後に割引分の還付を申請することが可能です。

    旅行後に還付を受けるには各種書類が必要となるため、忘れずに入手しておきましょう。

    【旅行後に割引分の還付を申請する流れ】

    申請の詳細はこちらで紹介しています。

    https://www.histrip.jp/feature/?p=66

    【STEP1】旅行者から事務局に申請

    →以下の書類を事務局に郵送又はオンラインで提出。

    ①事後還付申請書
    ②支払内訳がわかる書類
    ③宿泊証明書
    ④口座確認書
    ⑤口座番号を確認できる書類
    ⑥住所が確認できる書類

    各申請書類はGo To トラベルキャンペーン事務局公式サイトからダウンロードすることが可能です。

    Go To トラベルキャンペーン事務局公式サイト

    【STEP2】事務局で書類を確認後、旅行者に還付

    口座振替クレジットカード振込など。

    旅行後に還付申請

    国土交通省観光庁『Go To トラベル事業の概要』

    《Q2.どうやって予約することができますか?申請方法は?》

    「旅行代理店・予約サイト経由」又は「宿泊施設に直接」キャンペーン対象商品を予約することで、キャンペーンの割引が適用されます。完全に個人で交通機関を手配して旅行する際は適用されないので、旅行代理店や予約サイト、宿泊施設で予約をしましょう。

    《Q3.どれくらいお得ですか?》

    旅行代金の35%分が割引、旅行代金の15%がクーポンとして付与されます。割引とクーポンを合わせて上限は一人一泊2万円までとなります。クーポンは9月以降にスタートする予定ですので、それまでは割引のみ適用されます。

    《Q4.連泊や利用回数の制限はありますか?》

    連泊や利用回数に制限はありません。キャンペーンが終了するまでは何度でも適用されます。

    《Q5.終了時期はいつですか?》

    日帰りは1月31日、宿泊旅行は2月1日(チェックアウト)、修学旅行は3月15日が終了予定となっていました。

    しかし、延長が発表されたため、「2021年6月末」が終了予定となります。

    《Q6.誰でも申し込みできますか?》

    誰でもお申込み可能です。制限などはございません。

    《Q7.他キャンペーンとの併用は可能ですか?》

    自治体の観光施策など他キャンペーンと併用は可能です。

    また、Go To トラベルキャンペーンを利用した旅行先で、Go To Eatキャンペーンの食事券やオンライン飲食予約は可能です。その際に地域共通クーポンと併用できるかは9月9日現在では不明です。情報が更新されましたら追記します。

    また、宿泊施設が自らポイントやマイルの設定を行うものについては、支援の対象外となります。
    ※ いったん価格を引き上げた上で、ポイントや航空マイルを多く付与することにより、国の支援額を不当に多く引き出す詐害的行為が想定されるため。

    《Q8.海外旅行はキャンペーンの対象になりますか?》

    Go To トラベルキャンペーンは国内旅行の需要喚起のための施策であり、海外旅行はキャンペーン対象外です。

    《Q9.割引の対象となる施設はどこに載っていますか?》

    一覧は観光庁の公式ホームページに記載してあります。またHISTRIPでもGo To トラベルキャンペーン特集で対象施設の紹介を行っていく予定です。最新情報はこちらのHISTRIPLINE公式アカウントで配信予定です。

    Go To トラベルキャンペーン参加事業者一覧は下記記事でも紹介しています。

    https://www.histrip.jp/feature/?p=233

    《Q10.レンタカー代は、旅行・宿泊代金の支援対象になりますか?》

    レンタカー代のみでは支援対象にはなりません。「宿泊+レンタカー」のセットプランであれば支援の対象となります。

    また、割引対象にはなりませんが、レンタカー店がGo To トラベルキャンペーンの加盟店の場合はその地域の地域共通クーポンを利用することは可能です。

    《Q11.マイカー利用は対象になりますか?》

    マイカーを利用して「宿泊+高速道路周遊パス」のセットプランを利用する場合や、「高速道路周遊パス+体験型アクティビティ」の日帰り旅行プランを利用する場合には支援の対象となります。

    ただし、完全に個人で高速道路に行くだけの場合は対象外です。あくまでも旅行パックとして購入する必要があります。

    《Q12.修学旅行はGo To トラベルキャンペーン対象となりますか?》

    なります。修学旅行でもキャンペーンの支援を受けることが可能です。修学旅行の場合はキャンペーン終了時期が3月15日となっています。

    《Q13.「鉄道乗車券+索道(リフト)乗車券」など交通+交通のセット商品は対象となりますか?》

    交通+交通のみのプランは対象とはなりません。基本的には「換金ができてしまう」チケットは対象外となります。

    《Q14.地域共通クーポンはお釣りは貰えますか?》

    お釣りはありません。また、地域共通クーポンは1枚1000円単位で発行されます(支援額の計算にあたって1000円未満は四捨五入されます)。

    《Q15.旅行先は使わなかった地域共通クーポンは払い戻しされますか?》

    払い戻しはありません。

    《Q16.地域共通クーポンは紙ですか?》

    紙媒体でのクーポンのほか、電子媒体でのクーポンも準備される予定です。

    《Q17.地域共通クーポンはどこで受け取りますか?》

    現在準備中のため確定ではありませんが、下記3つの方法が予定されています。

    ①旅行代理店経由で申し込む場合:旅行代理店で受け渡し

    ②OTA(インターネット上だけで取引を行う旅行会社のこと)経由で申し込む場合:宿泊施設で受け渡し

    ③宿泊施設に直接申し込む場合:宿泊施設で受け渡し

    日帰り旅行については、各事例に即した詳細は追ってお知らせ予定です。

    《Q18.地域共通クーポンはどのようなものに利用できますか?》

    地域共通クーポンは土産物店、飲食店、観光施設、体験アクティビティ、交通機関など広く利用可能です。税金の支払いや宝くじ、水道光熱費や金券の購入などは対象外です。

    《Q19.家族旅行の場合、子供や幼児はどうカウントされますか?》

    子供や幼児についても1名としてカウントされます。そのため、お子様連れの家族旅行ですと上限金額の関係でお得になる場合がございます。

    その点についてはこちらの記事をご覧ください。

    https://www.histrip.jp/feature/?p=106

    《Q20.コテージを5人で一棟借りする予定ですが、その場合の支援額はどうなりますか?

    コテージ一棟の宿泊代金を元に支援額は算出されます。支援額の上限は5名×2万円(割引1万4千円+クーポン6000円)=10万円(割引とクーポン合わせて)となります。

    《Q21.旅行・宿泊代金を各種ポイントやマイルで支払った場合は支援の対象になりますか?》

    対象になります。その際、支援額は元の旅行・宿泊代金を元に算出されます。

    《Q22.夜行バスはGo To キャンペーンの支援対象になりますか?》

    なりません。夜行バスでは宿泊施設に準ずるものには含まれないため、支援の対象にはなりません。

    《Go To トラベルキャンペーンの対象施設は新型コロナウイルスの対策がされた施設だけでしょうか?》

    Go To Travelキャンペーンは参加条件を満たした宿泊施設のみ対象となります。飲食施設・浴場の三密対策、チェックイン時の検温などが条件として設定されています。

    《7月22日スタートは東京は除外になりましたが、既に予約していた場合キャンセル料は発生しますか?》

    東京都を目的地とする旅行と東京都に在住している方の旅行について、7月10日(本事業開始の発表日)~7月17日(東京適用除外の発表日)までの間に予約した旅行者は、キャンセル時にキャンセル料を払わなくても良いことされています。
    既にキャンセル料を支払った旅行者の方は、旅行業者等に返金を求めることが可能です。
    その場合は直接予約サイトや旅行業者にお問い合わせください。

    《「若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行」は、支援の対象外なのでしょうか。》

    若者の団体旅行であることをもって支援の対象外とするものではなく、個人旅行か団体旅行であるかに関わらず、感染予防対策を徹底いただけない場合は支援の対象外となります。
    若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は、一般的にリスクが高いと考えられますが、修学旅行・教育旅行のように指導・引率の先生方がおられるなど、一定の規律に基づいて適切に旅行が実施されることが想定されるものについては、基本的に、控えるべき旅行には該当しないと考えています。

    HISTRIP編集部より

    新型コロナウイルスの影響で多くの観光地が壊滅的な打撃を受けました。Go To キャンペーンを活用して、まちを活性化させつつ、オトクに旅行を叶えましょう!

    また、HISTRIPではGo To キャンペーンに合わせてLINE公式アカウントを開設しました。Go To キャンペーン対象となる宿泊施設や旅情報を随時発信予定ですので、よろしければ友達登録をしてみてください!

    LINE友達登録はこちら

    LINE友達登録はこちら

    このマガジンに関連するキーワード