HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

関西 兵庫

篠山城下町ホテルNIPPONIA

周辺・景観

館内施設

部屋

レストラン・食事

サービス

×

  • 篠山城下町ホテルNIPPONIAの楽しみかた
  • 篠山|重伝建 城下町で伝統を味わう

    重伝建の城下町で伝統を味わう

    篠山城は徳川家康が豊臣家攻略の拠点の一つとして、「笹山」という小高い丘に築城させた城です。城下には古くから京都と山陰、山陽間を結ぶ要所として栄えました。そのため町並みや文化には京都の影響が色濃く映し出され、当時の活気を味わうことができます。篠山ならではの伝統の味や文化を体感し、いまだかつてない城下町で過ごす思い出をつくりましょう。

    01

    JR篠山口駅1(差し替え)

    JR篠山口駅

    交通機関

    福知山線の前身である阪鶴鉄道は、計画当初は現在の篠山市西町付近を通る予定としていたが、最終的に現在の地(旧・丹南町)に駅が作られることとなった。

    スポット詳細を見る

    バス約15分

    02

    篠山城跡大書院

    篠山城大書院

    歴史的建造物

    1609年、徳川家康の命により西国諸大名が動員されて築かれたのが篠山城大書院。天守のなかった篠山城において、中核をなす建物だった。1944年1月6日の夜に惜しくも焼失したが、篠山市民の熱い願いと尊い寄付によって、2000年4月に再建。篠山城大書院は一大名の書院としては破格の規模と古式の建築様式を備えており、内部には篠山城に関する諸史料が展示されている。

    スポット詳細を見る

    03

    武家屋敷安間家史料館1

    篠山市立武家屋敷 安間家史料館

    博物館・美術館

    安間家住宅は通称「御徒士町」と呼ばれる武家屋敷群の一角にある標準的な徒士住宅で、 茅葺で曲屋形式の母屋と瓦葺の土蔵が残っており、当時の武家の暮らしを感じる。 館内には、安間家に伝来した古文書や日常に用いられた食器類や家具をはじめ、のちに寄贈を受けた篠山藩ゆかりの武具や史料を展示している。旧安間家住宅は1994年5月20日に篠山市指定文化財に。

    スポット詳細を見る

    徒歩約3分

    04

    青山歴史村1

    篠山市立 青山歴史村

    博物館・美術館

    青山歴史村は、篠山藩主青山家の別邸であった「桂園舎」と呼ばれた建物を中心に、3棟の土蔵そして長屋門で構成。全国的にも珍しい漢学書関係の版木1200余枚、篠山城石垣修理伺い図面、藩政始末略、印判、ねずみ草子といった江戸時代の歴史文化を物語る史料の数々が展示されている。歴史村に一歩入れば江戸の政治・文化・生活を体感が可能。

    スポット詳細を見る

    05

    春日神社能舞台

    春日神社能舞台

    歴史的建造物

    春日神社の境内にあり、篠山藩第13代藩主・青山忠良(ただなが)が1861年に寄進建立したもの。舞台は凝った造りとなっており、床板を踏む音を反響させるため床下に丹波焼の大甕を配置。当時、箱根より西においては最も立派な能舞台であったといわれている。

    スポット詳細を見る

    徒歩約3分

    06

    酒造ほろ酔い城下蔵1

    丹波篠山 ほろ酔い城下蔵

    歴史的建造物

    遡ること1797年、江戸時代から続く酒蔵を改装したほろ酔い城下蔵。2003年7月、国の登録有形文化財となった。酒蔵見学では普段目にすることのない「仕込み蔵」や「ふな場」といった酒蔵ならではの施設を間近で見学が可能。

    スポット詳細を見る

    宿泊 散策

    07

    河原町妻入商家群

    河原町妻入商家群

    歴史的建造物

    代を重ねて住み続けている人も多く、5メートルから8メートルほどの狭い間口と、奥行きが非常に深い妻入りの商家が軒を連ねている。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、千本格子や荒格子、袖壁、うだつなど、往時の篠山城下町の姿が残されている。

    スポット詳細を見る

    08

    小西のパン1(差し替え)

    小西のパン

    グルメ

    創業は1893年、小西のパンは本場丹波の黒大豆を8時間~9時間じっくりと煮込み、甘さを押さえ黒豆の本来の味を引き出し、一つ一つていねいに焼きあげられている。その他にも、あんぱん、メロンパン等の菓子パン類も。

    スポット詳細を見る

    バス約15分

    09

    JR篠山口駅1(差し替え)

    JR篠山口駅

    交通機関

    福知山線の前身である阪鶴鉄道は、計画当初は現在の篠山市西町付近を通る予定としていたが、最終的に現在の地(旧・丹南町)に駅が作られることとなった。

    スポット詳細を見る

    バス約60分

    010

    篠山市福住 重伝建地区

    重伝健 篠山市福住

    歴史的建造物

    篠山城下から京都に向かう宿場町、福住地区。2012年12月に国の重要伝統的建造物保存地区に選定されました。丹波地方独特の商家の建物が多くみられ、宿場町の面影が色濃く残る町並み。

    スポット詳細を見る

    直通バス約30分

    011

    JR篠山口駅1(差し替え)

    JR篠山口駅

    交通機関

    福知山線の前身である阪鶴鉄道は、計画当初は現在の篠山市西町付近を通る予定としていたが、最終的に現在の地(旧・丹南町)に駅が作られることとなった。

    スポット詳細を見る

    012

    丹波伝統公園 立杭陶の郷

    丹波伝統公園 立杭陶の郷

    博物館・美術館

    2017年4月5日、日本遺産に認定された「日本六古窯」。その一つが「丹波焼」。ここ陶の郷はその丹波立杭焼の中心地にあり、「見て・体験して・楽しむ」ことのできる複合施設となっている。

    スポット詳細を見る

    直通バス約30分

    013

    こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷

    こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷

    温泉

    地下1300mにある一億年前の地層から湧出する30℃前後の食塩泉。泉質はアルカリ性単純弱放射能温泉であり、効能豊かで保温効果に優れ、「温まる湯」と言われている。

    スポット詳細を見る

    車で約22分

    014

    JR篠山口駅1(差し替え)

    JR篠山口駅

    交通機関

    福知山線の前身である阪鶴鉄道は、計画当初は現在の篠山市西町付近を通る予定としていたが、最終的に現在の地(旧・丹南町)に駅が作られることとなった。

    スポット詳細を見る

    ここに地図が表示されます
    ここに地図が表示されます