HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

友達に喜ばれ自分も嬉しい仙北市という地を生かしたお土産の数々

  •  

     

     

     

    秋田県仙北市では、昔からの製法を守り続け美味しい味噌や醤油を作る為に一切の妥協を許さない老舗醸造元がありました。
    名水100選に選ばれるニテコ清水という自然からプレゼントされた美味しい湧水を使った、知る人ぞ知るサイダーが存在します。

     

     

     

     

    角館の水を使い無添加・天然醸造からの製法にこだわる老舗醸造元

     

     

     

    創業160年以上を誇る安藤醸造では、戦前は地主の副業として味噌・醤油の製造を行なっていました。

    醸造技術の取得・伝承には並並ならぬ努力を重ね常盤()まで出向き研究をし、品種の改良に努めました。

    そして、その味を現在まで引き継いでいます。

     

     

     

    〈01_kakunodate安藤醸造外観〉

     

     

     

    JR角館駅から徒歩約10分。安藤醸造では、仕込み蔵で無添加・天然醸造にこだわり、手間がかかってでも美味しいものを作るために、昔から続く製造方法を守り続けています。

    人の手で丁寧に作るため大量生産することは出来ませんが、1つ1つに丹精がこもっていてとても美味しい物が出来ます。

     

     

     

     

     

    〈02_kakunodate醤油絞り出し〉

     

     

    〈03_kakunodate味噌蔵〉

     

     

     

     

    店舗の中には、販売スペースや試食スペースなどがあるため、実際に試食をして購入することが出来ます。

     

     

     

     

    〈04_kakunodate試食スペース〉

     

     

     

     

    また、安藤醸造には1891年に建立された煉瓦造り(れんがづくり)の大きなモダンの蔵があります。
    この蔵は、蔵座敷となっていて蔵の中に畳の座敷がある珍しい蔵です。
    醸造のための蔵ではなく、家族が結婚式などをするために作ったとても立派な蔵屋敷です。

    こちらは一般公開されていて足を運んで頂ければ見ることが出来ます。

     

     

     

     

     

    〈05_kakunodate蔵座敷〉

     

     

     

     

    製法は変えずに、現代の食生活に合わせた商品を様々生み出していて、お土産には最適です。

    一度食べるとその味が病みつきになります。是非一度、本当に美味しい味噌や醤油をご賞味ください。

     

     

     

     

    所在地 : 秋田県仙北市角館町下新町27

     

     

     

     

     

    お土産として大人気 名水100選の名水を使った仙北の絶品サイダー

     

     

     

     

    古くから百清水とも言われてきた清水の里「六郷(ろくごう)」。自然からの贈り物であるこの六郷湧水。
    六郷湧水群の中でも豊富な湧水量を誇り、特に名水として知られている湧水がニテコ清水です。

     

     

     

    06_kakunodate_仁手古サイダー

     

     

     

    そのニテコ清水を使い作られたのが「仁手古サイダー」です。
    水にこだわり、水本来のうまさを引き出す為に柔らかな甘さと、まろやかな優しい炭酸に仕上げられています。あとをひく美味しさになっています。

     

     

    〈07_kakunodate本物サイダー〉

     

     

     

    また、ニテコ炭酸水・ニテコりんごサイダー・ニテコ巨峰サイダーなどのラインナップもありますので、是非みなさん一度お試しください。
    ぜひ美味しいサイダーを旅のお土産にしてみてください。

     

     

    08_kakunodate_仁手古サイダー

     

     

     

     

    所在地 : 秋田県仙北郡美郷町六郷字馬町83

     

     

    観るだけでなくシャッターを切る事で記憶だけでなく記録に残す仙北市

     

     

     

     

    みなさんお土産は何を買って帰りますか?おそらく、その土地の食べ物や工芸品などを買って帰る方が多いと思います。
    ここで私が提案するお土産は、写真です。
    記憶だけに残すのではなく記録にも残すのです。仙北市にはたくさんの名所や自然が存在しており、ついシャッターを切ってしまいます。
    では、少しずつ紹介していきましょう。
    まずは、武家屋敷です。

     

    〈09_kakunodate 松本家〉

     

     

     

    角館にはたくさんの武家屋敷が存在しています。

     

     

     

     

    〈10_kakunodate 岩橋家〉

     

     

     

    武士の階級により、屋敷の大きさや門の様式などが変わっている為、そこに注目しながら写真を撮ってみてください。

     

     

     

     

    〈11_kakunodate 青柳家〉

     

     

     

    また、美味しいグルメ。

     

     

     

     

    〈12_kakunodate 比内地鶏すき焼き〉

     

     

     

    たくさんの仙北の美味しいグルメを写真で美味しさを2度味わいましょう。

     

     

     

     

    〈13_kakunodate そば〉

     

    〈14_kakunodate 神の岩橋〉

     

     

     

    〈16_kakunodate 川〉

     

     

    〈17_kakunodate田沢湖〉

     

     

     

     

    写真を撮って、家に帰ってまた旅行の気分を味わうことができます。
    さらに、この写真を残しておくことでいつでも見ることが出来ます。そしてこれは一生のものになります。
    写真を撮ることは当たり前思う方もいるかもしれませんが、その一瞬は二度と現れることはありません。
    是非その一瞬を写真に収めて最高のお土産にしましょう。

     

     

    仙北市には、仙北で得られる食材や水を使ったものがありました。

    その商品は、仙北市の良さを他の方々に伝える為に最適です。秋田に来たお土産をお友達に渡すにはもってこいの商品たちです。

    そして、その商品を買うために是非とも仙北へお越しください。